2017年10月31日火曜日

Go!プラ開催しました。


こんにちは。学習塾FLAPS新百合ヶ丘校の坂林です。

先日、中3向けにGo!プラを開催しました!!

(台風の影響により、11/18(土)に追加日程で開催いたします。
参加がまだの方はそちらに参加してください。)


━━Go!プラって・・・?━━━━━━━

FLAPSで中学生向けに開催するイベント、合格プランニングのことです。
高校合格に向けた進路指導を一年に3回、無料開催しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回のGo!プラの内容は、中3面接対策です。




面接のイラスト「就職活動中の女性」

入試でほぼ全員が受ける面接。
公立高校でいうと、合否を決める得点の中の2割を占めているのが面接です。

高校によっては、面接で20点の差がつくこともあるようです。


いくら内申が良かったとしても、いくら入試当日の点数が良かったとしても
面接を安易に考えすぎると、とんでもないことになってしまいます。

また、面接対策がはじまっている学校もあれば、まだの学校もあります。
(すでにつきはじめている差がそこにはあるように感じます・・・。
(なので、FLAPSでしっかりサポートさせてください!!)


ということで、FLAPSでは受験勉強に集中したい冬休みの前に
面接対策の日を設けさせていただきました。



━━☆面接対策って何からはじめたら
         いいんだろう・・・━━


面接で気を付けることといえば、笑顔で大きな声ではっきりと答える!!

ということはイメージできる人が多いのですが、
そこはできて当たり前。
大切なのは伝える文章の中身です。

当日どんな質問をされても取り乱すことがないよう、
面接聞かれる内容に対して、前もって答えを用意しておきましょう。

では、どんな質問をされるのでしょうか。


中学校生活で一番努力したことは?
中学校生活で一番嬉しかったことは?
中学校生活で一番大変だったことは?
高校でがんばりたいことは?
あなたの長所は?短所は?
兄弟はいますか?
ここまでどやって来ましたか?


・・・・当日は何を聞かれるかわかりません。
予測される質問全てに答えを用意し、それを覚えるのでしょうか。


FLAPSのおすすめは、中学校生活を振り返ること。
そして、一つの事柄について掘り下げて考えること。



<例>中学校生活で一番努力したことが部活の場合。

なぜ、部活は努力をすることができたんだろう。(理由)
例えば、部活のどの部分に力をいれたんだろう。(具体例)
今後は、高校生活では、その努力をどう生かしていこう。(未来)



面接で答えるべきものは、質問に対する答えそのものではありません。

あなたが
なぜそう考えたのか、
具体的にどのような行動をとったのか、
今後どのように生きていきたいと考えているのか、

そこが知りたいのです。


この3つを考えておくことで、
面接官の知りたかったポイントは抑えられる!!



だけではありません。





なんと!!!




これを考えでおくと、
中学校生活で一番努力をしたことはなんですか?

という質問に答えられるようになるだけではなく、


中学校生活で一番嬉しかったことはなんですか?
中学校生活で一番苦労したことはなんですか?

など、複数の質問に答えることができるようになるのです!



中学校生活で一番うれしかったことが部活

嬉しかったことは部活の大会で勝ったこと、であり
そのときに具体的にどんな練習をどんな気持ちで取り組んでいたのか、
大会で勝ったときの経験を今後どういかしていくのか。


中学校生活で一番苦労したことが部活

具体的にどんな練習に苦労したのか、
それでも部活を続けられたのはなぜなのか、
苦労をのりこえた経験を今後どういかしていくのか。



このように、一つのエピソードについて、掘り下げることで
いくつもの質問に答えられるようになっていきます!

ぜひ、本格的な面接練習が始まる前に、前もって用意をしておきましょう!




本格的な面接練習は、毎年12月~2月に国語担当講師による
マンツーマン、予約制で行っております。
面接練習開始のタイミングで、生徒のみなさんにお声掛けさせていただきますので
よろしくお願いします!!








0 件のコメント:

コメントを投稿