2017年10月16日月曜日

型が差を生む

こんにちは。
いつもお世話になっております。学習塾FLAPSの安部です。


気温の差が激しくなってきましたが体調はいかがでしょうか?
マスクをしている生徒もちらほら登場してきているので、十分に気を付けましょう。
私たちも、対策をとってまいります。















さて、本日のテーマは、「型(かた)」です。



型とは?



ハート型とか、血液型とかではありません。

型とは言い換えると基本の「習慣・やり方・リズム・時間管理」です。






勉強や、スポーツ、私生活など、様々な場面で、この型が重要になってきます。



プロスポーツ選手を観察してみると分かりやすいですね。


例えば、
試合の30分前に必ずランニングをする。
夜、寝る前に試合で勝つイメージ(イメトレ)をする。
などがあります。




自分の毎日の行動を頭の中で振り返ってみてください。





朝起きて、顔を洗って、ご飯を食べて、歯を磨いて、学校に行って・・・・

寝る前に音楽を聴く、お味噌汁とご飯を交互に食べる、夜に明日、学校に持っていくものを確認する、家を出る前に帽子を被る・・・



など、自分の心地が良い生活リズムってありますよね。




私が日々、生徒と接していると気付くことがあります。


それは自分の勉強スタイルが決まっているお子さんほど、効率よく勉強が出来ているということです。
だから、みるみる成長をしていくのです。


もちろん、器用・不器用、得意科目、不得意な科目もあるので、成長のスピードは十人十色ですが、確実に成長をしていきます。



先ほどはスポーツの例えでしたが、勉強の例で言うと、

1日30分は復習をする。
夜の8時から9時まではスマホをいっさいいじらずに、算数をやる。
学校から帰ってきたら、漢字ドリルの宿題だけは終わらせる。

などです。


ただ、ここで一つ大きな壁に当たります。


それは、、、

どんな型にすればよいのか・・・??

ということです。


事実、多くの親御様から相談を頂きます。


時間を決めてやろうとしても、反発するばかりでやらない・・・
机に座っていてもペンがなかなか進まない・・・
そもそも姿勢が悪くて・・・




親御様としてはとてももどかしい気持ちになられますよね。
どうしていいか分からない時がありますよね。



そんな時は、私たちに相談をしてくださいね。
親御様の思いを聞きながら、お子さんと相談して型を作っていきたいと考えております




話が変わるようで変わりませんが、


皆さんは「守破離」という言葉をご存知でしょうか?


実は日本には昔からこの「守破離」という言葉が存在します。
どういう意味か。


守る・・・まずは誰かのマネをする(決めたやり方を続ける)。
破る・・・基本の型は変えずに、自分なりの工夫を少し加える。
離れる・・・元々の型から自分独自のスタイルに変化する。



まずは、「守」の部分の「型」を一緒に作っていきましょう。


勉強に限らず、スポーツや、生活リズムなど、様々なことに応用ができますので、是非参考にしていただけたらと思います。



自分で決めて自分でやる。




最後まで読んでいただきありがとうございます。









0 件のコメント:

コメントを投稿