2016年1月21日木曜日

入試直前対策講座


こんにちは、学習塾FLAPS新百合ヶ丘校の坂林麻有です。





1/30(土)31(日)に中学三年生を対象とした

直前対策講座が開講されます。

(今月のFLAPS通信にも掲載されていただきました!)


2年前から始まった当講座
絶大な効果を残しております。


数学と英語、それぞれ5回分の入試型実践問題(50分の模擬テスト)を
1日1教科【演習→解説】を繰り返し行うものです。


この講座が入試の得点UPに効果を発揮するのは、もちろん理由があります。


多少の違いはあるものの、毎年の入試問題の出題傾向は
あまり差がありません。
5回連続で解くことにより、問題の出題傾向に慣れることができる。


それはもちろんですが、一番私が狙う本当の目的はそこではありません。


自分のできていなかったところが、
得点につながる

これに気づいてもらうこと。



演習をした直後に解説を聞くことで理解が深まる。

普段の授業でもよくある光景です。


ただ、その後の演習量が足りないがために、しばらく期間が空いた後に同じ問題をやると…





「また解けない。」

「あ~。これ、前も間違えたやつ。」


これが今まででよくあるパターン

ただし、今回の講座では1度間違えたとしても

その後続けて演習を行うことで
定着を図ることができます。

今までにやっては忘れ、やっては忘れ、で点数を落としていた問題が
入試直前講座を受講することによって
自分の得点源へと変えることができるわけです。


そしてもう一つ。


入試当日のプレッシャーをはねのけるほどの、そんなとてつもない集中力を発揮した一日。


これを作りたいなと思っています。


あの日、私はあれだけ集中したんだ。

堂々と胸を張って、当日を迎えてやろうじゃないか。







2016年1月13日水曜日

受け継がれる姿勢

新年あけまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。






新年が明けてから、もう10日以上の日が経ちました。


あっという間に冬休みが終わり、冬期講習も終盤を迎えました。


中学校3年生は、入試に向けて本気で勉強をしています。


冬期講習に加えて通常授業。


さらに…


空いた時間に自習。


授業終わりに、残って自習&質問タイム


人生のターニングポイントを本気で熱く、本気で一日をやりきる姿を見ていると、こちらが感動させられます。


そして、


その中学校三年生の応援に、FLAPS新百合ヶ丘校の卒業生である高校一年生たちが駆けつけてくれました。





























彼らも、去年は今の中学三年生と同様に本気で勉強に取り組んでいました。

もちろん、今も高校で活躍中。

学年順位やクラス順位で、上位を維持しているとか!!

頼もしい限りです。


受験生の背中を、下の後輩たちは見ていないようで、実はしっかり見ています。


彼らの勉強に対する姿勢が代々下の世代へと受け継がれていく。


今の中学三年生の背中を、中学二年生、中学一年生、そして小学生が見ています。


勉強に向き合う姿勢や、日々戦う姿勢の生徒たち。



そのお手伝いをさせてもらえる私たち、講師は幸せです。


受験まで、駆け抜けましょう!!