2015年12月29日火曜日

年末年始休校のお知らせ


年末年始の休校のお知らせです。


________________________

FLAPS年末年始休校のお知らせ


下記の日程で、年末年始の休校とさせていただきます。


12/30(水)~1/3(日)


通常授業、冬期講習ならびに自習室開放は行っておりませんので、
お間違いのないよう、ご注意ください。


なお、

冬期講習・通常授業ともに1/4(月)
(冬期講習は9:00~)


となっております。
 お間違えのないよう、お気を付けください。


2015年、大変お世話になりました。

2016年もよろしくお願い致します。


良いお年をお迎え下さい。

2015年12月25日金曜日

冬休みの務め


いよいよ冬期講習がはじまりました。






中学生はもちろんのこと小学生も
自分の苦手と真剣に向き合っています。





1教科3時間。
小学生にとっては長い時間だと思います。




それでも一生懸命取り組む生徒の姿勢。

わからなかった問題が分かるようになった時の生徒の嬉しそうな顔。


この冬期講習で、ひとまわりもふたまわりもたくましくなったように感じます。




冬期講習を受けて成長すること。


勉強するわけですから、講師としても当然、生徒の学力を持ち上げていくことに集中していきます。





が。






冬期講習をうけるまでにも成長があったりするなぁと感じているこの頃です。



やはり小学生にしてみれば、勉強はできれば遠ざけていきたいものなのかもしれません。


「冬休みは、むちゃくちゃ遊びたい。」


うんうん。小学生らしくていいかもしれない。



でもだからといって、かれら、「何も勉強しなくていい!」

とは叫ばないんです。




なんだかんだで、やらなくちゃいけないことは、よくわかっているようで。




例えば小学校六年生。



算数の授業が数学になるとどのように難しくなるのか。


話をしてあげると手遊びがピタッととまったりします。



かれらの覚えている危機意識を、ちゃんと見てあげて、その方向を肯定してあげること。


これってなかなか日常の中でできていないのかもしれない。




すると、「おれ、この講座は必要かも。やっておこうかなぁ…。」なんてぼやいたりして。




勉強の必要性に気づかせるのも、実は長期休みの任務だなと感じています。




さぁ小学生。中学生。受験生の背中、しっかりみておこうね!


先生たちも、気合いいれて頑張ります!
















2015年12月14日月曜日

残すところ後僅か…

だんだんと寒くなり、冬も本番に入りましたね。


受験まで残り2か月。


人生は常に「今、ここ」の選択肢の連続です。



こんにちは!


新百合ヶ丘校の藤田です。


今年も残りあと僅かになり、あっという間に1年が終わりそうですね。



そこで、1年を振り返ってみて欲しいと思います。


皆さんにとって今年はどうでしたでしょうか?



僕の今年のテーマは「ちゃんと勝負をする」という事でした。



一年間「ちゃんと勝負をする」ことを意識して様々なことに取り組んできたので、




新しい発見や、改めて気づかされたことなども多かったです。


そして、自分の課題やテーマに向き合い続けて来てよかったと思える瞬間も多くありました。


そんな中、一番大きかったことは、「自分の気持ちに嘘をつかなかった」ことでした。


心のどこかで、


あれやりたいな・・・


これやってみたいな・・・



と、思っていてもなかなか行動に移すことができなかった年もありましたが、今年は、全部やり切りました!!



無理だ…




向いていない…




など、


自分で自分の可能性に蓋をするのではなく、行動に移すこと、ちゃんと勝負することができました。


そうすることで、次のステージが見えてきます。


中学三年生も、受験までの日々の中で、いろんな誘惑に打ち勝ち、必死に勉強に向き合っています。


苦手な科目と全力で向き合い、戦っています。




皆さんも、無理だとか、向いていないとかを理由にして何もしないという事をやめてみてください。



何もしなかったから、何もできなかった…



一番後悔することだと思います!!



今からでも遅くはありません。


思い当った時から行動です。


今年の残りの日数を全力で勝負していきましょう!




2015年12月3日木曜日

逃がさない冬


お世話になっております。

新百合ヶ丘校の佐藤直紀です。



いよいよ。受験生の冬がやってきました。

緊張感が日々着々と高まっていきます。


中3は、学校が終わって帰宅して、おそらくその間20秒。

砂時計の画像 プリ画像








「自習いってきます。」


15時には飛び込んできます。






最近、簡単には質問にこないようになりました。


じっくり自分で悩んで、答えにたどり着く習慣がもてたのかな?


笑顔がしばらく見えなかった生徒も、「あとはやることをやるだけ」といった表情。



志望校決定の面談も、進みます。

私立単願の生徒はそうそうに作文添削と面接対策がはじまりました。




秋口までにぎやかだった自習室。

今は。いつにない緊張感。静けさ。


実は、中3にひとつ、お話をしました。


「中2や中1に、受験生の背中を見せてあげて欲しい。」


おしゃべり禁止!!携帯禁止!!


そうやって大人がコントロールすれば、いいのかも。話は早いのかもしれない。

でも、コントロールされるうちが子供なら。


中学校三年生は、こんな形で大人になっていくのかな。


自主性こそ、すべて。

主体的に、勝ちをつかんでください。


大丈夫。

やってやろう。







逃がさない冬



今年の僕のテーマです。

一同、最高のサポートをしていきます!