2015年7月20日月曜日

感動ストーリーの誕生は?

こんにちは。

FLAPS新百合ヶ丘校の藤田です。



梅雨が明け、ジメジメとした空気からカラッとした空気に変わりはじめましたね。

夏休みを使って存分に遊び、部活動、勉強に打ち込んでいきましょう。



今回は、「感動を生むストーリー」についてお話させていただきます。



夏、それは感動に次ぐ感動が生まれる季節だと、個人的に思っています。



例えば、甲子園の球児たちです。

























高校の3年間を野球の時間に費やす。

いや

高校の3年間だけではないはずです。



小学生の頃から、毎日毎日練習をして何千何万回とバットを振る、ボールを投げる、キャッチする。


その積み重ねの集大成を、甲子園という憧れの舞台に立って勝負をする。


負けたら終わりの一発勝負。


そんな世界で戦う高校生の姿に心を打たれることが多々あります。



一体どれだけの時間を費やしてきたのだろうか?

チームメイトとどれだけの衝突を繰り返してきたのだろうか?

どんな想いを背負って戦っているのだろうか?

どんな壁を乗り越えてきたのだろうか?


一言では言い表せるものではものではないはずです。


一人一人がそれぞれのストーリーを持っているはずです。


そんな背景を考えながら甲子園を見ていると、どうしても胸が熱くなってしまいます。



そして、これは勉強でも同じことが言えると思います。


受験に向けて必死に勉強をする。



ところが、



なかなか成績が上がらない

模試の判定が良くない

もったいないミスが直らない

集中力が続かない

なかなかうまく事が運ばない方が多いとは思います。



しかし、そこで腐らずに積み重ね続ける。

一喜一憂せずに自分の決めたことをやり続ける。


そんな姿勢や取り組みが、最後は受験の結果に結びつくのだと思います。

今目の前にあることを地道に積み重ねること

そんな姿勢を、受験の神様は見てるはずです。


あの時の頑張りが、今の自分を作っている。

そんなエピソードを自信を持って語ってほしい。

FLAPSに通う生徒にはそう思います。


意味は遅れてやって来る。


この夏、自分を大きく成長させる感動ストーリーをFLAPSで創りましょう。



2015年7月11日土曜日

点数アップにかかせないと思う、当然のこと


こんにちは!

学習塾FLAPS 新百合ヶ丘校の佐藤直紀です。





中学生のテストがぞくぞく返ってきます。


点数が、ついに、あがった!!



と叫ぶ生徒(長沢中3年、英語30点近くUPの大躍進でした)。彼女を見て、思うことがあります。



自分の努力の成果が見えることは、とても大切なこと。
でも、彼らの日常にその機会は少ない。

もしくは、

彼らには、成果が出る環境をさける傾向がある。




たとえばサッカーが大好きで、毎日壁にむかってボールを蹴る。
明日も明後日も、来月も再来月も。



・・・あまり楽しくはない。




でも、つづける。なぜなら、レギュラー争い。地元リーグ。県大会。

成果を掴むその日を、夢見るから。成果を掴んだあの人に、憧れるから。


別になにも不思議な話ではないと思います。

多くの漫画やアニメも、主人公が大志を持って困難に挑むお話です。

そして、そのお話の中には、主人公を助けてくれる仲間が現れます。

主人公がレベルUPします。

最後には、強大な敵を退け(さらにはその敵までを味方につけて)目標を達成するでしょう。


1、大志(目標)を持つ

2、困難に挑む

3、仲間に出会う

4、成長する

5、勝つ

6、達成する(この部分を最後の最後にぼかす漫画が多いと感じています。が、きっとショウネンたちは結果よりプロセスに浪漫を感じるのだろうというのはまた別の機会に…)







達成にかかせないこと。それは、当たり前だけどおろそかにしがちなこと。

目標を掲げること。

何に向かって?なんでもいいと思います。

でも目標を持つことは、ゴールを持つこと。つまりスタートをきるということ。

だらだらと、成績があがらない、勉強は苦手だ、なんて言うのはやめて、一つ目標を持つ。









長い夏休みが始まります。

無生産な夏?いえ、是非、前進する夏に。どこに向かって?目標にむかって。





僕が夏期講習の案内に書いたメッセージは、









  攻夏。

読み方は……
知りません。ありません。僕が作りました。(かっこいいと思います。)






生徒も講師も保護者の方も

攻める夏を、過ごしましょう。
















2015年7月1日水曜日

夏休みが未来を決める?!



こんにちは。今回ブログを担当させていただく、講師の水谷です。
まだまだじめっとした季節。洗濯物も乾きにくい季節はまだ終わってくれなさそうです。

さて、ここで本題に入りたいと思います。
もうすでにほとんどの神奈川県の生徒は、テストの結果が返ってきていると思います。
そして、そのまま夏休み~♪…

の前に!!ちょっと待った!!!!


何か忘れていませんか?


テストが終わったから、遊ぶ。
友達とプールに行ったり、遊園地に行ったり、旅行に行ったり、…
大人でも、毎日毎日の仕事をして、お休みの日に遊びます。
しかし、
夏休みの過ごし方が大きな分岐点(ターニングポイント)になります。


間違いなくここが、休み明けのテストにかかわってきます。
いや、それだけではなく、今後の過ごし方・結果に大きくかかわってきます。




『あのとき、そのままにしておかなければ…』
小さなことでも、大きなことでも思ったことはあるんじゃないでしょうか?



だからこそ、
今までの勉強・取り組み方を反省し、
夏休みの過ごし方をFLAPSでは提案しております。


【夏合宿】

自習の時間を増やしたい!・一人で集中できる時間をもっと伸ばしたい!変わるきっかけをつかみたい!…という人は、短期集中の夏合宿をおすすめします。


【夏期講習】

苦手をつぶしたい!・今までの学習範囲のポイントをつかみたい!・さらなるステップアップをめざして、ライバルに差をつけたい!・入試までの力をたくわえたい!…という人は戦略を立ててのぞむ夏期講習をおすすめします。





夏休みは楽しむ。
だけど、その先に待つ未来も楽しむためには…?


【楽しむ が やることはやる


そんなかっこいい夏休みの過ごし方はどうでしょうか?

FLAPSではそんな夏休みを送るために、応援しています!
一緒に最高の夏を創ろう!!