2015年5月21日木曜日

子どもが首をかしげたその瞬間、アナタはどうしますか?②

こんにちは。

学習塾FLAPS新百合ヶ丘の藤田です。


先週のブログ


子どもが首をかしげたその瞬間。

苦手嫌いやらないスパイラルに片足を突っ込んだその瞬間。


新百合校の講師は何を思い、どうするのか?






















について引き続き書いていきます。




先週、まさにこの状況と同じ出来事が授業内にて起こりました。
小学生の国語の時間、音読クイズをしている時でした。


藤田 「〇〇くん、AとBとC答えはど~れだ!?」

〇〇くん 「・・・・・・。」



〇〇くんは首をかしげて何も答えることができませんでした。

その時、とった対応は以下になります。


藤田 「〇〇くん、もう1度質問するよー。AとBとC答えはど~れだ!?

〇〇くん 「・・・・・・?」

首をかしげたまま、やはり答えることができませんでした。


そこで、


藤田 「〇〇くん、ごめんね。先生の質問の仕方が悪かった。答えにくかったよね。次、別の質問を当てるからその時、またチャレンジしよう」

藤田 「ここの問題は、説明をしながら今回は先生が答えを言うね!」


いったん、ここで生徒とのやり取りは終わりになります。


まず、生徒が答えられなかったことを、講師の質問の伝え方などの責任に捉えます。

そして、生徒が答えられなかったことを少しでも軽くしてあげることが大事なのではないかと考えています。


そして、この後の対応についてです。

また同じ、音読クイズにて〇〇くんに質問をして答えてもらいます。


藤田 「〇〇くん、もう1度質問当てるぞ! リベンジだ!!」

藤田 「〇〇くん、AとB答えはどっちだ!?」

〇〇くん 「・・・A!!」

藤田 「キター!! 〇〇くん、大正解!! よくできたね~!」


この時のポイントは2つです。



まず質問についてです。

この場合、極端な2択を生徒に提示します。


片方が正解。
もう片方が絶対当てはまらない間違い。

この2つの選択肢から答えを選ばせることで、答えやすいことはもちろん、絶対正解するように導いて成功体験につなげていきます。





もう1つは、褒めることです。

1度失敗してしまうと、次のチャレンジに踏み込めなくなったりするものだと思います。

失敗した時こそ、誉めるところをしっかりと褒めてあげる。
だから、次もチャレンジしてみる。だから、できるようになる。だから、誉められる。


・失敗しても、次チャレンジして行けば良いんだ!!
・問題が解けるのは楽しい!!
・次もチャレンジしたい!!

成功体験を積み重ねることで、生徒はよりポジティブな状態になっていきます。


「失敗の先に成功がある」




次回は、計算の途中でつまづいて首をかしげた生徒がいたら・・・

FLAPS新百合ヶ丘校の講師はどうするのか?




ご期待ください。










2015年5月11日月曜日

子どもが首をかしげたその瞬間、アナタはどうしますか?①


こんにちは、学習塾FLAPS新百合ヶ丘校の佐藤直紀です。


校舎に生徒が来る前に、先生同士で授業の練習をしているとき、よく考えることがあります。



例えばアナタが、10歳くらいの子どもに何かを教えたり、指導している時に。


子どもが首をかしげたその瞬間。

アナタはどうしますか?





色々あると思います。


声をかけるのかかけないのか。

どんな言葉を、どんな口調で。

静かに同じ目線で。それとも白板の前で名指しで。



心配げに、でも優しく、「…○○くん、大丈夫か?」



…これが、実は今、私の中で、もっとも怖い選択肢になっています。


まず自尊心を傷つけかねないです。

プライドを傷つけます。もっとも、そのプライドから「大丈夫です」と答えるでしょう。
何も解決できない可能性が残ります。


自尊心が傷ついた彼は、失敗を恐れるようになるかもしれません。

発言がへるでしょう。

すると、褒められる機会を失います。

誉められない、苦手。つまり嫌い。やらない。解けない。褒められない。苦手。・・・


僕はこれを今苦手嫌いやらないスパイラルと名付けました。



さて。


子どもが首をかしげたその瞬間。

苦手嫌いやらないスパイラルに片足を突っ込んだその瞬間。

合校の講師は何を思い、どうするのか。


5/21をお待ちください。











2015年5月10日日曜日

保護者の方の声〜2015年春期講習編〜

こんにちは。FLAPS本部です。

FLAPSでは毎回季節講習が終了する毎に、
塾内アンケートを実施しております。

アンケート調査にご回答頂いた皆様には、ご多忙にも関わらずご協力頂き、
誠にありがとうございました。


今回も多くの保護者様、お子様から、春期講習を受けた感想やご意見、
また、通常授業へのご意見もいただきました。


このブログでは、今季の春期講習後に保護者様から頂いたご意見を
少しごご紹介させていただきます!



-------------------------------------------------------------------------








保護者様より、こんな声をいただきました



・理解できたので、しっかり復習できたと思います。
・復習したことにより新学年の準備がしっかりできた。
・復習をすることで学校の授業に遅れないですみました。

・新学期でのテスト結果に多少影響が出て、自信がついたようです。
・学校でやる計算が早く出来る様になり、喜んでいました。

———

季節講習を通して、苦手な分野の復習や、
以前学習したけれどすっかり忘れてしまっている単元の確認などが
出来た、新学期に活かされた!という声を多く頂きました。


出来なかった事が解るようになる」
    ↓
自分でも頑張れば出来る!」という自信に繋がる
    ↓
「もっと頑張ってみよう!挑戦してみよう!」という
 行動に繋がる




・・・そして、フラップスでは
そういった小さな成功体験を積み重ねていけるよう指導し、
「自信に繋がる声掛け」をしていく事で、
単に「成績を伸ばす」だけでなく「自ら学ぶ力を身につける」事ができるよう
取り組んでいきたいと思います!






また、この他のご意見として、


・普段受けていない科目も、短期の講習だが選ぶ事ができ、
 必要な内容がセットになっているのもよかった。


といった声や、


・(中3以外にも)理科と社会の講座を開講してほしい。
・短期間でも身に付く講習があると助かる。
・もう少し日程を増やして課題を与えてほしい。
・サタスタ(自習)への声掛けをもっと行ってほしい。

といったご意見もいただきました。


この他にもたくさん、ご意見をいただき
本当にありがとうございました。

皆様から頂いたご回答・ご意見を真摯に受け止め
より充実した学習サポートを行っていけるように精進してまいります。







また、もう既に次回の「夏期講習を受けたい」といった声や、

「前回参加した夏合宿がすごく良かったんだけど、
 今年はいつですか?」というご質問なども頂いています。


内容・日程については、現在調整中ですが
決定次第お知らせ致しますので、今しばらくお待ちください。



※現在フラップスに通っていない
 小・中・高校生からのお問合せも受付中です。
 案内が出来次第、発送しご連絡させていただいておりますので
 ご興味がありましたら、お気軽にお問合せください。




2015年5月1日金曜日

目標(=自分との約束)

こんにちは! 今回ブログを担当させて頂く水谷と申します。



もうすぐGWに入りますね。


FLAPS新百合ヶ丘校も、誠に勝手ながら5/2~6はお休みを頂きますが、宜しくお願い致します。




GWといえば、長期休暇を利用して素敵な思い出をご家族で作るいい機会かと思います。


そしてGWが終われば、体育祭や修学旅行など、様々な行事が待っています。




時間はあっという間に過ぎ、新学年はじめの大事なテストが待っています。

GW後、楽しいイベントもたくさんありますが、それだけは忘れずに一緒に頑張りましょう!




今回のテーマは、「目標」です。

生徒たちは各々、自分自身で決めた目標に向かって、日々努力を重ねています。
その中で壁にぶつかり、それでもその目標達成のためにがんばることで
自立する力を身に着け、成長してくれています。




実は、講師たちもある【目標】を掲げました。


この春新百合ヶ丘校を卒業した高校1年生の女の子が、高校生になってはじめての大事な数学のテストで、クラス1番になると宣言してくれました。


意欲的に自習室にきて、授業の復習予習を頑張ってくれていたので、様子を見ていると、


「先生たちも約束をしてほしい。」


と彼女に言われました。


そのことがきっかけで、

実は、今、新百合ヶ丘校の講師は、目標達成に向けて頑張っております。







具体的にどんな目標かというと…


佐藤先生 → 漢字検定

藤田先生 → 英語検定

私、水谷    → 日本語検定


ちなみに、各担当の教科は、


佐藤は英語担当、藤田は国語担当、そして私は数学担当です。



講師たちも生徒と同じ。






目標達成に向けて、本気で取り組みます。



目標達成こそ、夢への自信と、その力をつける最高の手段
講師も生徒と共に頑張ります!