2014年12月24日水曜日

年末年始休暇のお知らせ

お世話になります。



学習塾FLAPS新百合ヶ丘校よりお知らせです。





年末年始のスケジュールですが、





年末に関しては、12/29(月)をもちまして通常授業を終了といたします。


年始に関しては、1/5(月)から通常授業を開始いたします。






また、冬期講習に関しても同じく

年末は12/29まで、年始は1/5からとなります。



それに伴い、自習室も2014年は12/29まで、2015年は1/5から使用できますので
是非ご利用ください。

※自習室は開放しておりますが、「分かるまで指導」は冬期講習中は対応出来かねますので
 各講師にご相談下さい。



2014年12月22日月曜日

語彙力の力

こんにちは。

FLAPS新百合ヶ丘校の藤田(国語担当)です。



突然ですが、いきなりですが質問をしてみたいと思います。

「積極的」の反対語は何でしょうか?


・・・

・・・


そう、「消極的」です。


では、また質問です。

「積極的」の類義語は何でしょうか?


・・・

・・・

能動的

活動的

主体的

行動的

活発的


5つくらいは挙げられそうですね。

これが、国語の力、「言葉の言い換え」つまり「語彙力」です。

国語だけではなく、これは普段会話や他教科の勉強でも使える力です。





皆さん、日常の中で思っていることがあっても、

伝えたいことがあっても、

うまく相手に伝えられないという経験はありませんでしょうか?

語彙力があれば、自分でしっかり考え、自分の言葉で伝えられるようになります。



FLAPSでは、語彙力を高めるための訓練をしています。





これは、会話だけではなく「書く力」にもつながります。

文章を書くのが苦手、文章が長くなってしまう、書いた文章が読みにくいなど・・・



先日、冬期講習において「小論文、作文講座」を開きました。

難しい文章を読んで、要約するためにどの言葉を選ぶのか。

最初は、文にまとまりがなかったり、何を書いているかわからない状態でした。



生徒なりに考え、自分の言葉で書く楽しさを覚えてくれたみたいでした。

その結果、1番最初に書いた小論文、作文と比較してみると、

見事に見やすく読みやすいように書けるようになりました。





語彙力を高めることは、表現力が豊かになること。


まだまだ、冬期講習も受付中です!

是非、「国語の力」をつけに参加してみて下さい。














2014年12月20日土曜日

めげない!おれない!つらぬく!

こんにちは。



今日は、FLAPS通信に掲載された、ある生徒さんの成功体験のお話をします。


ご紹介するのは町田鶴間校のZ君、中学2年生です。


---------------------------------------------------------------------------------


彼がFLAPSに入塾したのは、中1の夏頃。

入塾当初は、特に国語が苦手でした。
小学校と比べると格段にレベルアップする中学校の勉強自体に
難しさも感じていたそうです。


そんなZ君、入塾時から内申が「6」も上がりました!!


前々回のテストでは、なんと数学100点!!


5教科の合計で見ると、1年生の時は、400点の壁をなかなか越えられませんでしたが
2年生になってからは安定して400点越えを出している猛者です。



彼が、何故そこまで成績がアップしたのか?


まず、入塾時に私と約束をしました。
「平均点で80点以上をとる」


そして、返却されるテストの答案用紙を分析しては
2人で反省を繰り返しました。



固い約束をしてからの、彼の勉強への取り組みは、
まさに「熱気」を感じるものでした。



テスト前は10時にサタスタに来て、21時過ぎまで一日中勉強していることもありました。
でも、そこまでしても順調に行かないのが…テストでした。



1年生の学年末は、惨敗。本人もとても悔しがっていました。
ただ、そこから、講師と共に原因をしっかり考え、再度分析することにより
原因が明確になり、いっそう勉強への取り組み方が真剣になりました。



そして、テストごとに課題を見つけ、解決し成長していったのです。

壁を乗り越えられず、伸び悩んでいた国語もついに90点を越えました。

目標を決めて、やり抜く。ゴール力のたまものですね。


Z君は「量が増えれば質が下がる」。
そんな心配もさせることなく、まさに目標に向かって「一心不乱」だったと思います。



ただ、それでも上手くいかないのがテストです。




結果が出なくても、よく投げ出さなかったと思います。



小学校から中学へと上がると、
ものすごいスピードで授業が進み、1学期、2学期と追うごとに内容もどんどん難しくなるので、
「ちょっと頑張った」程度では、ついていけなくなってしまうお子さんが多いので

成績を維持出来るだけでもすごいことなのですが、


現在、中2Z君は、その時期をしっかりと耐え抜きました。





そして、冬休みや春休みの季節講習を上手く使ったことが
今回の成績UPの一つの理由でしょう。



彼は、季節講習に参加して「目的意識」が変わりました

季節講習を利用して、しっかり復習をしたおかげで、苦手な分野も定着し
季節講習明けの定期テストでしっかり結果をつけました。


点数があがったおかげで、志望校もより上を目指してみたいという
モチベーションアップにつながりました。



FLAPSのいつもの授業は学校の予習で精いっぱい。

復習をするには、やはり、長期休みが最適です。



実際に季節講習を取った生徒たちとそうでない生徒たちを比べると、差ははっきり出ます。

長期休みを使って復習ができなければ、次回の定期テストの点数UPは望みづらいものです。




季節講習での復習をうまく活用してほしいなと思います。

一番は本人の頑張りですが、季節講習をうまく使えたのが今回のZ君の結果ではないでしょうか?




当時は成瀬高校が志望校でしたが、今や、町田高校以上の都立トップ校も夢物語ではない
位置です。



ただ、偏差値が全てではないので、一番はやはり自分が行きたいと思える高校にいって
頑張ってもらいたいなと思っております。



期待しています!!





2014年12月18日木曜日

習慣は誰がつくる??

こんにちは!フラップス本部の櫛田です。

いよいよ今年もあと半月を切りました。

冬期講習もいよいよ始まりますね。お申し込みの内容は既に決まりましたか?

「まだ申し込みが済んでない!」という方も、
「部活などでスケジュールの調整が難しい・・・」といった方も
お気軽に講師にご相談くださいね!


さて、今回は先日私が思わず本屋さんで手にとった
1冊を紹介したいと思います。




本の著者は、理数系専門塾エルカミノ 代表の村上綾一先生。
この、
「自分から勉強する子が育つ お母さんの習慣」
というタイトル、思わずぐっと惹かれてしまいました!




「うちの子、家では全然勉強しないんです!」
「ゲームばかりで、なかなかテストモードにならなくて…」
・・・多くのご家庭にあるお悩みだと思います。

それが、1日10分で・・・!!!
という魔法のような話ではないのですが(笑)




子どもをやる気にさせる為、家庭内での声かけ・働きかけや、
年齢別・科目別での学習方法などをまとめて紹介していて
とても読みやすく、

特に小学校の低学年、
それより小さいお子さんの親御さんにおススメな本だなと思いました。




村上先生がおっしゃる、「お母さんの習慣」というのは
何か特別に難しい事ではありません。

日常のコミュニケーションの中で、ちょっとした言葉の掛け方を気をつけたり
子どもの特性というものを大人が理解して、成長の手助けをする、といった事です。


フラップスでも「習慣」を大切にしていますが、
この本の中で紹介されている内容と共通する部分が本当に多く・・・

改めて自分達の取り組みについても、村上先生の本を通して再認識する事が出来ました。





例えば…
●子どもが先生になる、「お母さんに教えて」作戦
・・・「教わる」のではなく、「教える」ことが、子どもの勉強で効果的
   なので、塾や学校から帰ってきたお子さんに、
   「今日はどんな事を習ったの?」と質問して
   子どもに説明させる習慣をつけましょう!というものです。


フラップスでも同じように、
「がんばる帳」というノートを使って今日の学習内容を確認し、
お家で「おぼえたこと報告会」をしましょう!と提案しています。
ぜひ、コツコツと続けて習慣化してほしい取り組みの一つです。



自分の言葉で報告することで、
その日学んだ事の定着度を高める事を目的としています。







他にも…
●スーパーとホームセンターは学びの倉庫!
・・・スーパーで買い物をしながらレタスとキャベツの違いに触れてみたり
   ホームセンターでいろいろな工具を見て、なんであの工具は先がぐにゃっと曲がっているの かな??という疑問を一緒に考えたりしながら、
日常生活を勉強と結びつける実体験を多く積もう、という内容。



これも、フラップスで大人気の「ジッカン型講座」で算数や理科などを取り上げ、
子ども達と一緒に体感しながら学ぶカリキュラムを行っています。







他にも紹介したい内容はたくさ〜〜〜〜〜ん、あるのですが、
挙げればきりがないのでこの辺で!!
(共通するものに付箋をつけていったら、あっという間にいっぱいになってしまいました!!)






自分で勉強する習慣をつくる。
自分で課題を解決する習慣をつくる。
壁にぶつかった時、逃げずに乗り越える習慣をつくる…。




それは、一朝一夕では出来ない事です。

ですが、その習慣をつくるために、フラップス講師は日々生徒さんたちと向き合い、
励ましながら「小さな成功体験」をひとつ、ひとつ積み上げ、

「勉強たのしい!」
「もっとがんばりたい!!」という気持ちを引き出しています。


フラップスと、生徒さんと、そしてご家庭の三者で協力し合いながら、
「習慣」そして「自己実現能力」を伸ばしていきましょう!!










2014年12月11日木曜日

ドリームプランニング~夢のたからばこを作ろう!~

こんにちは!
新百合ヶ丘校、算数・数学講師の水谷絵美です。


昼間でも凍てつくような寒さになって参りました。
中3生は入試開始まで残り70日を切りました。
近隣の小学校ではインフルエンザが流行ってきているそうなので、
手洗い・うがい、マスク、防寒対策…
小さなこころがけを忘れずに一緒に頑張りましょう!!



今日のテーマは…

先日6日に行われた、大盛り上がりのイベント

 

『ドリームプランニング』

です。
フラップスの理念から生まれたイベントになっています。
ぜひHPにも紹介されているので、ぜひご覧ください!

ドリームプランニングの詳細はコチラ


今回のドリームプランニングは…

【ドリームボックスを作ろう!】




突然ですが
英語のクイズです。

ドリームボックス を 日本語にすると?





ドリームボックス = 夢 の 箱





実は、今回行ったイベントは、その名の通り、

・自分の夢を箱にしちゃおう!
・すてきな夢の宝箱をつくろう!

という内容です。




テーマを聞くだけで、なんだか作る前からワクワクしちゃいますよね!
午前と午後の2回に分けて行ったのですが、

その名にふさわしく、夢中(むちゅう)になって
自分のドリームボックスを作ってくれていました!

ドリームボックスには、

・自分の写真。

・その夢を応援してほしい人の写真。

・その夢にまつわる写真。

を使って…

自分が夢を叶えたときの姿

大好きなあの人から応援されているかのようなメッセージ

わくわくするような夢のイメージ

を自由に工作しました。








獣医・保育士・アイドル・パティシエ・サッカー選手・野球選手・マジシャン・キャビンアテンダント…

なかには、億万長者!というビッグな夢を箱にした人もいました。



たくさんの夢。

たくさんの応援してほしい人の顔。

たくさんのワクワクするような夢のイメージ。



自分の夢でなくとも、

それを見ているだけで、なんだか応援したくなってしまうくらい、素敵なたからばこを作ってくれました!




『夢がまるで現実になったようなイメージを常にもつこと。』

これは夢や、何かやりたいことを形にするのにとても大切なことです。


そしてもうひとつ大切なことがあります。

それは…




夢を叶えるための【やるべきこと】も見えるようにしておくこと。

そのため、ドリームボックスでは
夢のイメージだけでなく、
その夢を叶えるための、自分で考えた【やるべきこと】も書きます。


夢を叶えるために
やるべきことに向き合って努力していく。
そのために、全力で応援するFLAPSがいます。



まとめると

このイベントを通して、
【自分の夢やなりたい姿】を見えるようにし、
また、その夢を叶えるための【やるべきこと】を意識できるようにしておく

夢のたからばこ
というだけではなく

夢を叶えるための素敵な箱

を作成しました。





今回は、【ドリームボックス】というイベントでしたが、
今後もドリームプランニングでは、
夢・やりたいことを応援するイベントを開催していきます。

ぜひ次回のドリームプランニングをお楽しみに!



2014年12月6日土曜日

冬期講習を受講する意味とは??



こんにちは。

皆様、そろそろ冬休みに向けてスケジュールを立てている頃でしょうか?




FLAPSでは冬期講習のお問い合わせのお電話を頂くことが多くなってきました。

各校1220日~冬期講習がいよいよスタートします!!



さて、何故、冬期講習を受講すると良いのでしょうか?



今日は、「忘却と定着のしくみ」についてお話します。







だからこそ、新学期になる前に、復習にしっかり時間を割いて、
新学期のスタートダッシュに備えましょう!!






実際、季節講習に参加した保護者様、お子様からは


「新学期の授業がとてもスムーズに頭に入ってきた!」



「覚えていると思っていたところが、季節講習に参加してみて忘れていることに気づき

しっかり復習しておいてよかった!」




「苦手なところを、ほったらかしにせず、しっかり理解することで、安心して新学期に臨めた!」





などのご意見を毎回多数いただきます。







各学年、様々なコース、パック講座、スケジュールをご用意しておりますが


特に人気な講座をここで ご紹介します。


----------------------------------------------------------

●小学生1~3年生向け


大好評!!「ジッカン講座・算数」


目で見て、手で触れて、耳で聞いて、鼻で嗅ぐといった実体験を交えながら

足し算、引き算、掛け算、割り算を楽しく学んでいきます!

----------------------------------------------------------

●小学4~6年生向け

国語  読解ポイント復習講座
「文章の重要ポイントを見つける」トレーニングを、物語分や説明文を通して行います!


算数 では、図形(体積)、図形(角度、長方形)、図形(円の面積・ちゅう体・すい体)など
自分の苦手な分野を選んで受講出来ます。

漢字検定や英検対策講座 も毎回人気の講座です!

----------------------------------------------------------

●中学生

国語 記述力をつける読解講座
定期テストで最も点数を落としやすい部分です。
問われていることを明確にし、長文の中からヒントとなる文章をいかに早く見つけれるかが
カギ!!

数学 では、方程式、合同の証明、平面・空間図形の基礎など
自分の苦手な分野を選んで受講出来ます。


もちろん、中学3年生は5教科、講座を用意しておりますので、
しっかり受験対策をしていただけます。






FLAPSに通っていないお子様も、是非ご参加下さい。









2014年12月1日月曜日

マス計算イベント☆Bダッシュ、全員駆け抜けました!!


こんにちは!講師の佐藤直紀です。


先日のBダッシュでは塾生はもちろん、そのお友達もたくさん足を運んでくれました。


ひとこと。



大盛況でした!!!





















マス計算に励み、普段解いたことのない量の計算をこなすこのイベント。




…ただし、いきなりエンジンフル回転!とはいかないものです。

そこで、まず初めに取り組んだのは、Bダッシュならぬ、G(字)ダッシュ!



決められた文字で始まり、決められた文字で終わる言葉を考えるアクティビティです。

全員が頭をぐるぐる回し、低学年の思い付きに高学年が驚く場面もしばしば。







たとえば…

・「た」ではじまって、「こ(ご)」で終わる言葉

・「ま」ではじまって、「い」で終わる言葉

「たこ」や「まい」と、二文字で終わらない言葉を、みんなで一生懸命考えました。

(生徒の解答は後程。)









さて。頭も十分あたたまってきたところで、いよいよ。



Bダッシュ!




超、集中です。

高学年はもちろん、低学年も、ストップウォッチ片手に、

気づけば20問。…30問。……50問……70問…















中には顔が赤くなるほど集中して解いた生徒もいます。

まさに息をするのも忘れるほどの熱中。


ぜひ、まわりの友人に、

「集中切らさずに441問、計算したことある?」

と、自慢してください。







当日の目的は、

チャレンジ力とゴール力を伸ばすことでした。

一日の初めに、「極端な話だけど、先生、今日は計算ミスを気にしないよ。」と伝えました。


 たくさん計算しなくちゃいけないプリントが出てきた!

 でも、とりあえずやってみる。

 一度はじめた課題。

 なら、最後までやってみる。



学校がお休みの日に、ちゃんとフラップスにきて、それでたくさん計算をする。

それだけでも素晴らしいこと。


FLAPSの無料イベントで、たくさん自分をほめてほしいと思います。








そして、12月6日は小学生対象の特別授業!

ドリームプランニング!


夢へのヒントを集める宝箱☆ドリームボックスを作ります。

サッカー選手になりたい人の、練習中に切れてしまった靴ひも。

パティシエになりたい人の、憧れのでっかいケーキ。

野球選手のカード。お父さん・お母さんの名刺。いっぱいになった漢字練習帳。

大事にとっておく宝箱を作りましょう。

誰に応援してもらったら嬉しいかな?夢が叶った時は、どんな姿かな?

持ってきた写真を使って、世界に一つのドリームボックスをつくります。



参加無料です。

塾生もお友達も、だれでも参加OK。ぜひお電話ください!





皆様のお越しをお待ちしています!




【生徒の解答】

・「た」ではじまって、「こ(ご)」で終わる言葉……たつのおとしご

・「ま」ではじまって、「い」で終わる言葉……まんじゅうこわい










2014年11月21日金曜日

国語のイメージ

こんにちは。

新百合ヶ丘校の藤田祐輝です。






いきなりですが、皆さんに質問です。

皆さんは「国語」について、どのようなイメージをお持ちですか?





・勉強の仕方が分からない

・勉強しなくても点数は取れる

・平均点は点数がとれるから、まだ勉強はやらなくていいや



いろいろな答えが返ってきそうですね。






今回お話したいのは、「感覚で解ける」についてです。





少し、この問題について考えてみましょう。



A君が泣いています。



なぜですか?


答え、悲しいから。





実はこの答え、小学校中学年まで通用するんです。


しかし、小学校中学年以上になると、通用しなくなります。

泣いている理由が、「悲しいから」ではないかもしれないからです。


もしかすると、「つらい時に友達に支えられて嬉しかったから泣いた」

ことも考えられます。




そう、ここでつまづく事が小学校高学年以降はでてきます。

文章が長くなり、使われる言葉も難しくなってくるからです。




なので、感覚だけで国語を解いていると学年が上がるにつれて急に

国語の壁にぶち当たることがあります。



では、どうすれば良いのか?


それは、論理的思考を使って問題を解く練習をすれば良いのです。


まずは、基本的な所から取り組み、習慣にしていけばいいのです。


誰が?
いつ?
どこで?
何を?
どうやって?


簡単な質問から取り組み、何について聞かれてるのか?をしっかりと

理解させてあげるところから始めれば良いと思います。



これが意外とできません。




会話も同じです。



質問に対して答えることが出来ていない場面は、子どもだけではなく大人にも

見られる場面はあります。


まずは基本から。


是非、試してみて下さい。






2014年11月18日火曜日

百マス計算演習会!Bダッシュ!!

こんにちは!
フラップス本部の櫛田です。

中学生はフラップスのどの教室でも期末テストラッシュになり
教室内や自習室はぐっとテストモードで皆頑張っています!



さて、今月11月の無料イベントのご案内です!
来る11月24日(月・祝)に、
「算数・数学の苦手意識を克服しよう!
  百マス計算演習会《Bダッシュ》」が開催されます。






フラップスでは、定期的に
塾に通っていない方でも参加出来る
「無料の学習イベント」を開催しています!

参加してくださる方は、
フラップスの生徒さん以外に、
そのご兄妹、学校や近所、習い事などのお友達など・・・

毎回、多くの方にご来塾いただき、ワイワイと楽しく問題を解いたり、
ワークにチャレンジしたいする姿が見られます。


今回も既に案内を送らせていただいた方から
お問い合わせを頂いております!ありがとうございます!!

イベント当日は、
参加してくれる小学生の生徒さんが飽きて集中力を切らしてしまう事がないよう
カリキュラムに様々な工夫を凝らしていますので

算数が苦手!
計算は・・・嫌い!という生徒さんにも
ぜひ参加していただければと思っています!!


「やる気にさせちゃうプロ」の講師陣
算数苦手・・・の生徒さんに寄り添い、

自信に繋がるきっかけになるような
イベントにしたいと思っています!!


参加のお申し込みは、お電話にて受付中です。
お気軽にご連絡ください!!